シングルサインオンの導入することでセキュリティや管理業務の効率化

シングルサインオンの導入することでセキュリティや管理業務の効率化

シングルサインオンを導入して面倒なパスワード管理から解放されよう

ノートにメモをする

多くの企業が仕事上でWEBサービスやアプリケーションを利用していますが、使用の際に専用のIDとパスワードでユーザー認証やログインをする必要があります。一度に多くのソフトやサービスを併用して作業を進めることもあるでしょうし、一つ一つ異なるパスワードを使用していたのでは管理も大変になってしまいます。複数のWEBサービスのIDやパスワード管理を劇的に楽にしてくれるのが、シングルサインオンです。シングルサインオンは、一つのIDとパスワードで多くのWEBサービスのログインが可能になるシステムでSSOと表記されます。最近では、SNSアカウントなどでログインできるものも増えており、導入する企業も増え続けている注目のWEBシステムです。シングルサインオンを導入するには、さまざまな方法がありますが、コスト削減を考えるのならオープンソースソフトウェアがおすすめです。オープンソースソフトウェアは、ソースコードが開示されているソフトで、誰でも無償で利用でき、また改変や再配布も可能です。シングルサインオンのオープンソースソフトウェアにはいくつかの種類があり、それぞれ連携できるWEBサービスが異なるので、導入の際には日々の業務とどれが相性が良いのか検討してみてください。

シングルサインオン導入でセキュリティも向上させられる

何らかのWEBサイトやアプリを利用する場合、ユーザー認証やログインが必要になります。多くのWEBサービスで、ユーザー認証には個別のIDとパスワードを用いており、これらはサービスを使用する際にユーザー自身が決めることが多いです。仕事上でも作業を行うために、複数のサービスに異なるIDとパスワードで何度もログインをした経験というのは、誰しもにあるのではないでしょうか。しかし、利用するWEBサービスが増えるほどに、覚えなければいけないパスワードが増えていくというのは仕事の能率にも影響を与えてしまうかもしれません。シングルサインオンは、一つのパスワードで複数のソフトやアプリを連携させて使用できるシステムです。つまり、面倒なユーザー認証やログインも1度だけで済ませられますし、パスワード忘れや漏洩防止にも役立ちます。複数のパスワードを忘れないために、目に付くところにメモ書きをして管理している方も多いかもしれませんが、セキュリティ上の不安は否めません。SSOとも表記されるシングルサインオンを導入すれば、管理するパスワードは一つで済み、漏洩などのセキュリティ上の不安も解決できます。これからシングルサインオンを導入するなら、操作もシンプルで無償で利用できるオープンソースソフトウェアがおすすめです。

シングルサインオンを導入するなら専門会社に相談しよう

今やインターネットは生活にしっかり根付いていて、何をするにもなくてはならないものになっています。企業でもウェブ上でのビジネスは当たり前です。ウェブ上で何か取引などをするときに欠かすことができないのがパスワードやIDです。クラウドサービスや様々なサービスを利用する際は複数のサービスを活用することが多くその度にパスワードやIDを設定することが必要です。しかしすべてのパスワードやIDを管理するのは大変な手間です。特に企業内でたくさんの社員がパスワードやIDを使用していると管理するのが大変です。管理する部門では勤務時間に関係なくトラブルの対処が必要になる場合もあります。そこでおすすめなのがシングルサインオン(SSO)の導入です。シングルサインオンとは、オープンソースソフトウェアの一つです。シングルサインオンを導入すると一つ組み合わせのパスワード、IDで認証が可能になります。それによって安全性を高めることができます。パスワードやIDを複雑にしたとしても複数のパスワードを覚える必要がなくメモ書きでの管理が不要になります。また管理する部門にとっても管理しやすく勤務状態の軽減にもつながります。シングルサインオンの導入には専門会社に相談しましょう。無料トライアルもあるので気になる方は試してみるのもおすすめです。

また、導入にあたっては、事前に動作や性能をきちんと検証してくれる専門会社に依頼することが重要です。【デージーネット】にシングルサインオンの導入を依頼すれば、こうした事前検証はもちろんのこと、導入後の点検サービスなども充実しているので安心です。